英会話を身に付けたいビジネスマンに提案したいこと

>

現代のビジネスマンに必要な英語力

短い時間でも集中して取り組む秘訣

たくさんの時間をかけて学習することが必ずしも結果につながるとは限りません。

時間をかけなくても集中して行えば内容の濃い学習時間を確保することができ、成果につながっていくのです。
たとえば脳科学的な観点から見てみると、学習効果を上げるためには朝のうちに学習することが理想的だといいます。
そのため、いつもよりちょっとだけ早起きして英会話学習の時間に充ててみてはいかがでしょうか?

通勤時間を利用して英会話学習をするというのなら、電車に乗っている間など限られた時間内にその英文記事を読みきるというようなタイムリミットを意識しながら自分を掻き立てていくことも、集中力を高めるために効果的です。

心理学的には一連の動作の中でも最初と最後に得た情報を記憶しやすいという結果が出ているようですから、短時間の学習を何度も繰り返すという学習法が忙しいビジネスマンには最適と言えそうです。

やらなくてもいいことには手を出さない

英会話の学習をしようと思ったら、やらなくてはいけない事がたくさん浮かんでくると思います。
それらを全てこなしていく為には相当な時間がかかってしまうでしょう。

ビジネスマンが効率よく英会話を身に付けるためには、自分が目指す姿にとって欠かせないことだけを残し、あとの学習は切り捨てるという考え方が有効なようです。
そうすることによって果てしない英語学習が少し身近なものに感じられ、持続力がUPするかもしれません。
実際にビジネスの現場で必要になるような単語やフレーズが分かるようになっていくことは、成果を感じやすくなるというメリットがあるため英語学習に意欲的に取り組むことができるでしょう。

このように取捨選択していくことでも効率を上げることができますから、忙しさの中で英会話学習の時間を確保したいビジネスマンは時間の使い方について見直すことが大切なのです。