英会話を身に付けたいビジネスマンに提案したいこと

>

初めのやる気を持続させるためのポイント

他人と比べて自分を否定しない

英会話学習が進まず挫折してしまう人に多いのが、身近にいる英語の得意な人と自分とを比べて劣等感に苛まれ押しつぶされてしまうことだと思います。
何かを身に付けたいと思った時のその成果の現れ方は人によって違う為、他人と自分とを比べてこのような劣等感を抱いてしまうことはナンセンスだと言えるでしょう。

比べるべきはかつての自分なのです。
努力は決して裏切りませんから、たとえ人に誇れるような大きな進歩が見られなかったとしても、着実に前進しているはずなのです。
以前の自分にはできなかったことを発見して自分を認めてあげましょう。

人と同じようにできないからと言って、自分のすべてを否定する必要はありません。
英会話の上達を目指す時には、未熟な自分を受け入れてそのために必要な行動を実行に移す勇気が必要なのです。

段階的に達成感を味わうこと

ビジネスマンが英会話学習をする最終的な目標は、会議で発言することや、海外の支社とのやり取りをスムーズに行うことが多いと思いますが、まずはちょっと頑張れば達成できるようなところに段階的に小さめの目標を設定して書き出しておくといいでしょう。

そうすれば自分の進歩の過程を可視化することができて、常に達成感を感じながらモチベーションを維持していくことができるかもしれません。
そして目標をひとつ達成するごとに、自分なりに決めておいた打ち上げのようなことをするのも良さそうですね。

この小さな成功体験の積み重ねがいずれ大きな目標を達成することへとつながっていくのです。
またこのような目標を近しい誰かと共有して共に喜んでもらうことも効果的だと言います。

このような例を参考にしながら、時間が無くても確実に英会話をマスターできるような自分にあった効率的な学習法を見つけていきましょう。